大阪府高槻市の盗撮事件で逮捕 示談には刑事事件に強い弁護士に

2018-06-14

大阪府高槻市の盗撮事件で逮捕 示談には刑事事件に強い弁護士に

大阪府高槻市在住の40代男性のAさんは、近所のホームセンターにおいて、女子トイレに侵入し、仕切り板のすき間からスマートフォンのカメラを差し向けて、個室内にいる女性を盗撮しました。
女性からの通報によって、Aさんは大阪府高槻警察署盗撮の容疑で逮捕されてしまいました。
(三重県警HPの事件事故情報を基にしたフィクションです。)

~盗撮事件と示談~

盗撮行為は、道路や公園、駅、デパート、飲食店、本屋などの商店などの不特定かつ多数が自由に利用し、出入りすることができる「公共の場所」の場合は、「各都道府県の迷惑防止条例違反」に当たる可能性が高いです。
一方、「軽犯罪法違反」の場合は、人の住居、浴場、更衣場、お手洗いなど、他人が通常衣服をつけないでいるような「公共の場所でないところ」での盗撮行為が当てはまる可能性が高いです。
ただし、都道府県によっては、「公共の場所」以外の盗撮行為についても、迷惑防止条例違反として処罰する旨を定めているところがあります。

今回のAさん場合は、近所のホームセンターでの盗撮事件のため、各都道府県の迷惑防止条例違反となる可能性が高いです。
もし、各都道府県の迷惑防止条例で起訴されてしまうと、各都道府県で多少の差異はありますが、おおむね「6か月以下の懲役または50万円以下の罰金」ないし、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」という処罰を受けることになってしまいます。

しかし、盗撮行為を行ってしまったからといって、必ず上記のような刑罰を受けるというわけではありません。
不起訴処分の獲得により、刑罰を受けることを避けることが可能です。
検察官が起訴・不起訴の判断を下す際は、被害者の処罰感情が大きな影響を与えます。
被害弁償・示談を行ったこと、被害者の処罰感情がないことを検察官に対して主張していくことが重要になってきます。
刑事事件に精通した弁護士であれば、被害者の方に謝罪を伝えたり、示談に応じてもらえるようお願いしたりと、被疑者の反省の気持ちを伝えるための迅速な活動が可能となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で扱っている法律事務所ですので、盗撮事件の相談・依頼を多数承っております。
ご家族が盗撮事件で逮捕されてしまいお困りの方、被害者と示談をしたいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
大阪府高槻警察署への初回接見費用:37,100円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.