静岡ののぞき事件 示談に強い弁護士

2015-01-20

静岡ののぞき事件 示談に強い弁護士

地方公務員Aさんは、県庁の女子トイレでのぞき見をした(軽犯罪法違反)として、静岡県警三島警察署逮捕されました。
Aさんはすでに釈放されています。
静岡県警三島警察署は、近くAさんを書類送検する予定です。

今回は日刊スポーツ電子版(2006年1月6日)を参考に作成しています。
事件現場や警察署については、修正を加えています。

~のぞき事件における刑事弁護活動~

つい出来心で女子トイレの個室の中をのぞいてしまった場合にも犯罪が成立します。
場合によっては、逮捕・勾留され、何日間も留置場生活を余儀なくされるかもしれません。
のぞき事件軽犯罪法違反が問題になる場合には、拘留または科料に処せられ、前科がつく可能性があります。
また、会社や学校に事件が発覚すれば、現在住んでいる場所に住みづらくなる可能性もあります。
ですから、警察に逮捕されたり、のぞきを悔いたりした場合には、まず弁護士に相談することをお勧めします。

被害者がいる犯罪では、被害者と示談をすることがとても重要です。
被害者との間で示談を成立させるメリットとして、刑事事件の処分が軽くなったり、不起訴処分になったりする事が挙げられます。
さらに、被害者から民事訴訟で損害賠償請求をされることが無くなるというメリットもあります。

もっとも、示談を成立させるには、弁護士が被害者と犯人の間に入って粘り強く示談交渉をすることが大切です。
弁護士に示談交渉を任せれば、被害者との示談を成立させられる可能性が高まります。
そして、事件解決のスピードが上がるという面でもメリットがあります。
示談を成立させれば、逮捕を回避できるかもしれません。
不起訴処分になれば前科がつきません。
また、刑事裁判になったとしても執行猶予をとることができます。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、のぞき事件でも万全の示談交渉を行います。
示談をして事件を早期円満解決に導いてほしいという方は、ぜひ一度ご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.