東京都荒川区の盗撮事件で即決裁判 勾留を阻止する弁護士

2017-03-07

東京都荒川区の盗撮事件で即決裁判 勾留を阻止する弁護士

Aさんは、盗撮事件即決裁判を受けることになりました。
警視庁荒川警察署逮捕されてから、それほど時間は経っていません。
被害者とは弁護士を通じて示談を成立させており、明日、裁判当日を迎えます。
(フィクションです)

~即決裁判手続きの注意点~

即決裁判手続きの注意点は、とにかく進むスピードが早いということです。
起訴から裁判までは、2週間で終わります。
また裁判当日も30分程度で判決の言い渡しまで行ってしまいます。
各所への対応を急がないと、何もできないまま、判決を受けることになってしまいます。

そのスピードゆえ、弁護士による公判での弁護活動も、ポイントを絞ったものとならざるを得ません。
また、示談交渉も、通常より早く進めないと、判決には間に合いませんので、やはりスピードを重視することになります。

盗撮事件で弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお電話ください。
0120‐631‐881」にお電話いただければ、24時間365日、専門の電話スタッフが法律相談のご予約に対応いたします。
逮捕勾留されてしまった場合の初回接見サービスのご依頼も、こちらのお電話番号で受け付けています。
盗撮事件での勾留を阻止したいというときも、弊所の弁護士にお任せください。
警視庁荒川警察署までの初回接見費用のお問い合わせも、お電話で受け付けています。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.