東京都目黒区の盗撮事件で高校受験への影響 逮捕からの釈放なら弁護士

2017-03-27

東京都目黒区の盗撮事件で高校受験への影響 逮捕からの釈放なら弁護士

中学生のAくんは、通っている中学校で女子更衣室に盗撮カメラを仕掛けました。
盗撮カメラの存在に気付いた女子生徒が、同校の教師に盗撮カメラについて報告したことで事件が明るみに出ました。
逮捕されたAくんは、警視庁目黒警察署の取調べで、「受験勉強がうまくいかず、ストレスがたまっていた」と供述しています。
Aくんの両親は、Aくんが中学3年生で高校受験を控えていたため、なんとか穏便に済ませられないか、釈放してもらえないかと考えています。
(フィクションです。)

~高校受験や大学受験を控えるお子様をお持ちの保護者の方へ~

中学生や高校生が少年事件を起こしてしまった場合、それが本人の将来へ影響しないかというのは、非常に重要なポイントです。
特に高校受験や大学受験を控えている中学3年生や高校3年生の子が当事者となっている場合、ここを乗り越えなければそれまでの努力がすべて水の泡になってしまう可能性もあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の相談者様の中には、その様な心配を抱えた方も大勢いらっしゃいます。
少年事件が高校受験や大学受験に与える影響を心配されている方は、ぜひ一度弁護士にご相談されることをお勧めします。

盗撮事件を起こしてしまったことに争いがなくても、弁護士を通じて将来への影響を少しでも軽減しようと努力することは決して無駄にはならないでしょう。
弁護士の仕事は、事件を起こしてしまった本人の無実を証明することだけではないからです。
確かに、弁護士が盗撮事件を起こした本人のために精一杯活動しても、依頼者様の望んでいた通りの結果が出るとは限りません。
しかし、弁護士が親身になって少年と向き合うことで、少年自身が更生のきっかけを見つけることは少なくありません。
また、保護者の方が弁護士を付けてくれたことで、「自分のことを大切に思ってくれている」と感じる少年がいることも確かです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、盗撮事件などの刑事事件を専門とする弁護士事務所です。
多数の少年事件・盗撮事件を取り扱ってきた実績があります。
できるだけ早期に釈放してほしいというご相談も多く寄せられていますので、そういったお悩みを抱えていらっしゃる場合は、弊所までお問い合わせください。
初回無料法律相談のご予約や、警視庁目黒警察署までの初回接見費用については、0120-631-881でご案内しています。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.