盗撮の常習犯も弁護士に相談…東京都足立区で逮捕されたら

2017-07-13

盗撮の常習犯も弁護士に相談…東京都足立区で逮捕されたら

東京都足立区に住む会社員Aさんは、帰宅途中の電車内で盗撮行為を行い、盗撮行為に気付いた女性から駅員に報告され、Aさんによる盗撮事件が発覚しました。
駅員から通報を受けた警視庁西新井警察署の警察官は、盗撮事件の被疑者として、Aさんを逮捕しました。
その後の取調べにて、Aさんは盗撮を常習的に行っている、盗撮の常習犯であることが判明しました。
(この話は、フィクションです。)

~盗撮の常習~

最近ではカメラ付きのスマートフォンの普及により、盗撮事件が増えているようです。
盗撮行為の多くは、各都道府県の定める迷惑防止条例に違反することになります。
これに違反して盗撮を行うと、懲役刑や罰金刑が言い渡される可能性があります。

また、多くの迷惑防止条例は、常習的に盗撮行為を行っている者に対する罰則を別途設けています。
そのため、過去に盗撮行為を行ったことがある場合や、頻繁に盗撮行為を行っていた場合には、盗撮の常習性が認められ、通常時よりも重い刑事責任が問われる可能性があります。
盗撮の常習性は、その頻度や、盗撮行為を行う間隔、量など、様々な事情を考慮して判断されます。
盗撮事件について詳しい弁護士に相談することで、盗撮の常習性についての見解を聞くこともできるでしょう。
早期に専門家である弁護士に話を聞くことが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件と少年事件のみを扱っているため、盗撮事件をはじめとする刑事事件の経験と知識を豊富に有しています。
ご家族やご友人などが盗撮事件やその他刑事事件で逮捕されてお困りの際は、お気軽に弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
初回無料法律相談のご予約や初回接見費用のお問い合わせなどは、0120-631-881までお問い合わせください。
24時間いつでも受け付けております。
警視庁西新井警察署までの初回接見費用:3万8,800円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.