盗撮事件の弁護士 留置場に差し入れしたい

2016-01-22

盗撮事件の弁護士 留置場に差し入れしたい

Aさんの夫は、現在、愛知県警春日井警察署にある尾張留置施設で逮捕されています。
Aさんは、夫のために差し入れをしたいと思いましたが、勝手がわかりません。
名古屋駅弁護士事務所で法律相談をしたところ、盗撮事件に強いという弁護士が丁寧に説明してくれました。
(フィクションです)

~差し入れをすると喜ばれるもの~

もちろん、留置場で逮捕・勾留されてしまっているご本人からリクエストがあれば、できる限りそれに応えてあげるとよいでしょう。
ただ、一般的な話をすると、現金や手紙のやり取りをするための便せん・封筒を差し入れると喜ばれることが多いです。
身柄拘束期間が長期にわたるのであれば、下着等の衣類も差し入れてあげるといいでしょう。
もっとも、差し入れることができるものに関しては、各留置場で微妙に異なることがあります。
差し入れる前には、留置場へ直接確認したり、弁護士の判断を仰いでから行うとよいでしょう。

~差し入れができないとき~

土日などでは、一般の方による差し入れが許可されないことがあります。
そんなときも弁護士をご利用ください。
弁護士であれば、土日祝日、夜間でも差し入れをすることが可能です。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所として、幅広くアドバイスやサポートを行っています。
弁護士による差し入れのお手伝い等もその一環です。
盗撮事件の弁護活動のみならず、お困りのことがあれば、何でもご相談ください。
(愛知県警春日井警察署の初回接見費用:3万9200円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.