愛知県の盗撮事件に法律事務所 執行猶予の弁護活動に弁護士

2016-09-08

愛知県の盗撮事件に法律事務所 執行猶予の弁護活動に弁護士

愛知県清須市在住のAは、盗撮事件を行ったとして愛知県警西枇杷島警察署逮捕されてしまった。
Aが逮捕されたのは初めてであった。
しかし、過去にも会社内で多数の盗撮を行ったことを自白したことから、最終的に起訴されて刑事裁判にかけられてしまった。
罪を軽くするためすべてを自白したAだったが、かえって処分が重くなりそうで途方に暮れてしまった。
執行猶予など寛大な処分となることを強く望むAは藁にも縋る思いで、愛知県で盗撮事件を多数扱う法律事務所に相談することにした。
(フィクションです。)

自白をすれば罪が軽くなることもありえます。
例えば、一回限り盗撮行為を行ったという場合は、自白すれば、自白しなかった場合よりも寛大な処分となるというのが通例でしょう。
ですが、今回の事案に様に、盗撮事件で逮捕された場合に、多数の盗撮の事実が明らかになれば、かえって事態を重く見られてしまうことは十分にありえます。
過去にわたり多数の犯行を行ったという事情は、重い刑事責任を肯定する事情となります。

事案にもよりますが、事態を重く見て重い刑罰が科される可能性もあります。
ことによると執行猶予が付かずに実刑判決を言い渡されてしまうかもしれません。
そんな時頼りになるのが、刑事事件を専門に扱う弁護士です。
盗撮事件で困ったら、執行猶予に向けた弁護活動が得意な弁護士が揃うあいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
不相当に重い刑罰が科されることが決してないように、弊所の弁護士が有効な弁護活動を展開いたします。
(愛知県警西枇杷島警察署への初回接見費用:3万5700円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.