神戸の盗撮事件で冤罪 無罪を主張する弁護士

2016-09-13

神戸の盗撮事件で冤罪 無罪を主張する弁護士

神戸市中央区在住のAは、盗撮を行ったとして逮捕、勾留、起訴されてしまい、兵庫県迷惑防止条例違反で刑事裁判において有罪判決を下されてしまった。
しかし、Aの裁判で使用された証拠は、Aがインターネット上で収集した盗撮画像であり、Aが実際に盗撮を行ったわけではない。
Aは、無実の罪を晴らすため、刑事事件を専門に扱う神戸でも評判の弁護士に相談することにした。
(フィクションです。)

最近テレビ等で冤罪についての報道が時折みられるようになってきました。
それらは、10年以上前の重大事件であることが多いように思われます。
そんな冤罪を防止するために、我が国は司法制度改革と名うって数々の対策を行ってきました。

では司法制度改革を行ったのであれば、もはや最近の軽微な事件で、冤罪が起きることはないのでしょうか。
そんなことはありません。
裁判は、事後に、証拠を使って、人が有罪か否かを決する手続きです。
人が人を裁く以上、また人が人を捜査する以上、判断の誤りが介在する可能性を完全に除去することはできません。

ひとたび警察に逮捕され刑事裁判にかけられ有罪となってしまった場合には、再審などを行って潔白を証明しなければ、前科者の汚名を背負ったまま生きていくこととなります。
とはいっても、すでに有罪となった事件を覆すことは大変困難です。
またそもそも無実の罪で有罪判決を受けることがあってはいけません。
あいち刑事事件総合法律事務所は、無罪判決を獲得し、冤罪を阻止するために全力を尽くします。
さらに、既に有罪判決を受けてしまったのであれば、多数の刑事事件専門の弁護士がチームアップして、再審無罪を勝ち取る最善の努力を致します。
(兵庫県警生田警察署への初回接見費用:3万4700円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.