愛知県小牧市の盗撮事件 接見に向かう弁護士

2015-09-10

愛知県小牧市の盗撮事件 接見に向かう弁護士

愛知県小牧市在住の50代公務員のAさんは、迷惑防止条例違反の容疑で愛知県警小牧警察署に逮捕されました。
同署によれば、Aさんは小牧市の複合商業施設のエスカレーターにおいて、女性のスカートの中を盗撮したそうです。
(フィクションです)

~接見とは~

接見とは、逮捕・勾留されている人と面会することをいいます。
接見は刑事弁護において重要なものです。
なぜなら、接見を通じて弁護士から取調べの受け方等についてアドバイスを受けることができ、不用意に不利なことを言うことを防ぐことができるからです。
また、家族や友人との面会は、捕まっている人にとって精神的な支えとなり、警察からの厳しい追及に耐えることを可能にするからです。

盗撮・のぞき(覗き)事件の取調べでは、警察から「罪を認めれば解放してやる」、「罪を認めれば罰金で済む」などと言われることが考えられます。
当初は否認していても、厳しい取調べが続いた後に警察からこのようなことを言われるとつい認めてしまう可能性は否定できないでしょう。
「裁判で争えばいい」「金を払って済むなら」と思ってしまうかもしれません。

確かに、盗撮やのぞきをした場合でも、初犯で罪を認めていれば、
・逮捕されず、調書を作成してその場で釈放される
・罰金を支払えば済む
可能性が高まるという面もあります。
しかし、一度、自白調書が作成され、裁判で提出されると盗撮をしていないと立証するのはとても難しくなり、有罪と認定されてしまうおそれがあります。
また、罰金で済んだとしても盗撮を認めたことが知られれば解雇など社会的制裁を受けるおそれがあり、お金を失って済む問題ではなくなるおそれもあります。
このような事態を防ぐためにも、弁護人と接見し、取調べや今後の対応の仕方についてアドバイスを受けることが大切です。

接見は、特に盗撮・のぞき(覗き)事件において、大きな役割を果たすと考えられます。
当事務所では、逮捕直後の段階から接見に向かい、刑事事件を専門とする弁護士が対応にあたります。
ご家族やご友人が迷惑防止条例違反や軽犯罪法違反で捕まってしまいお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
初回相談は無料になっております。
(愛知県警小牧警察署 初回接見費用:3万9600円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.