罰金刑について刑事弁護士に無料相談~兵庫県西宮市の盗撮事件

2018-08-21

罰金刑について刑事弁護士に無料相談~兵庫県西宮市の盗撮事件

Aは、兵庫県西宮市内のショッピングモール店内において、前方を歩いているV女に対して、そのスカート内の下着をスマートフォンの動画機能を用いて盗撮したとして、兵庫県の迷惑防止条例違反の疑いで、兵庫県西宮警察署に任意同行された。
Aのスマートフォンの内部からはV女以外の女性を盗撮したものと思われる画像が多数見つかり、余罪が疑われることとなった。
帰宅を許されたAはすぐに刑事事件の弁護活動に強いと評判の法律事務所を訪れ、少しでも刑を軽くしてもらうため、弁護士に自身の弁護活動を依頼することにした。
(フィクションです。)

盗撮事件を起こし、各地方自治体のいわゆる迷惑防止条例に違反した場合、おおむねして「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」の刑に問われることとなります(都道府県によって異なります)。
上記事例のAの盗撮行為兵庫県で行われており、Aは兵庫県の迷惑防止条例違反となっていますが、この場合、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる可能性があることになります。

懲役刑の判決を受けてしまうと、執行猶予付きの場合を除き、刑務所に入ることになってしまいます。
しかし、検察官による起訴が略式請求などで罰金を求める内容であれば、罰金を支払うのみで済むので、刑務所に入る必要がなく、早期に社会復帰を求めることが可能となります。
迷惑防止条例違反の盗撮事件においても、罰金刑で事件を終了させることができるケースもあり、過去の事例では、前科無しの被疑者が起こした盗撮による迷惑防止条例違反事件で、略式命令により20万円の罰金刑となった事例も見られます。

また、罰金刑も刑罰である以上前科は付きますが、多くの場合、懲戒免職や資格、職業の制限を回避することが出来る可能性が高まります。
罰金刑で済ませるためには、事件発生後から起訴されるまでの間に、迅速に効果的な弁護活動が行われなければなりません。
盗撮事件を起こしてしまった方は、すぐに刑事事件の弁護活動に強い弁護士にご相談されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、刑事事件専門の弁護士であり、盗撮事件についての刑事弁護活動も多数承っております。
盗撮事件の弁護活動でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
兵庫県西宮警察署への初回接見費用:36,300円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.