福岡市南区の盗撮事件で逮捕 示談交渉に強い弁護士

2017-10-19

福岡市南区の盗撮事件で逮捕 示談交渉に強い弁護士

Aは、福岡市南区内の走行する電車内で盗撮行為をして、福岡県南警察署の警察官に逮捕された。
Aは、被害者示談によって不起訴処分等で事件を終結させたいと考え、刑事事件専門の法律事務所に相談することにした。
(フィクションです)

~盗撮をするとどうなるか~

盗撮行為は、各都道府県が定める迷惑防止条例で禁止され、刑事処罰が規定されています。
もちろん、事件の内容や前科前歴によっても異なりますが、盗撮で起訴された場合、30万円程度の罰金刑になることが多いようです。
しかし、不起訴処分になり刑事処罰を回避できれば、罰金を支払う必要はありませんし、前科がつくこともありません。

~盗撮事件で不起訴になるためには~

盗撮事件不起訴になるためには、被害者との示談が成立しているかが大きな要素になります。
示談そのものは、民事上の契約であり、加害者と被害者だけで示談締結することも可能です。
しかし、法律の専門家以外が作成した契約書では、事件解決に必要な示談内容が不足することや、被害者との示談交渉が難航することが多いです。

顔見知りに対する盗撮犯罪であれば、被害者の連絡先はわかりますが、警察から「被害者に対する口封じ」の脅し行為をしているのではないかと、警戒されるリスクも考えられます。
一方で、電車やエスカレーターでの盗撮犯罪の場合、被害者のことは何もわかりません。
加害者が被害者を脅して、証言等を変更させる等の行為を防止するために、警察から被疑者本人に連絡先を教えることはありません。

弁護士が介入することで、警察等から被害者の連絡先を教えていただくことが可能ですし、法律の専門家である弁護士が交渉を行うことで、示談がスムーズにまとまることが期待されます。

弁護士法人あいち刑事件総合法律事務所では、盗撮事件示談交渉も多数行っております。
示談が成立しているかしていないかで、盗撮事件での起訴・不起訴は大きく変わる可能性があります。
盗撮事件で逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
福岡県南警察署までの初回接見 35,900円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.