岐阜の盗撮事件で取調べ 刑事事件でいい弁護士

2015-11-17

岐阜の盗撮事件で取調べ 刑事事件でいい弁護士

Aは盗撮事件岐阜県警岐阜中警察署の取調べを受けることになりました。
その前に、名古屋駅近くにある刑事事件専門の弁護士事務所で、弁護士に法律相談を受けることにしました。
ホームページには、取調べの際のアドバイスを受けられると載っていたからです。
(これはフィクションです。)

~取調べとは~

盗撮事件の被疑者は、取調べの中で、
・事件の動機
・内容
・生い立ち
など様々なことについて聞かれるようです。

その話した内容を記載したのが供述調書と呼ばれるものです。
供述証拠は、原則として刑事裁判で重要な証拠として使われます。
基本的には、話したことをそのまま警察官が文章にして記載します。
しかし、実際に主張していたのとは違うニュアンスで記載されることもあるようです。

警察官による意図的な修正を受けて作成された供述証拠が裁判で被告人に不利な証拠として採用されてしまうこともあります。
そのようなことは、本来公平なはずの裁判制度をゆがめるものであり、断じて許されません。
ですから、
取調べで作成された供述証拠に不満がある
・供述調書の中に虚偽の内容が含まれている
というときは、遠慮することなく修正を求めることなどが必要です。

誤りのない供述調書が作成されるように修正を求める権利は、被疑者・被告人の大切な権利です。

あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件の経験豊富な弁護士が取調べに関する法的アドバイスをいたします。
事前に取調べの概要を聞くことで、いたずらに不安にならずに済みます。
盗撮事件取調べを受けることになったら、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
初回の相談は無料です。
(岐阜県警岐阜中警察署の初回接見費用:3万8900円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.