岐阜県各務原市の盗撮事件 事情聴取に強い弁護士

2015-01-24

岐阜県各務原市の盗撮事件 事情聴取に強い弁護士

Aさんは、駅構内のエスカレーターに乗っていたVさんのスカートの中をスマートフォンで盗撮しました。
その後Vさんに気付かれたAさんは逃げてしまいました。
後日、監視カメラを元にAさんの身元が割り出され、Aさんは岐阜県警察各務原署の警察官から事情聴取を受けました。
(フィクションです。)

~盗撮事件と逮捕~

今回は、盗撮をしてしまい逮捕されるか不安を抱えている人の質問に答えたいと思います。
質問はフィクションです。

Q1「先日出来心で盗撮してしまいましたが、被害者の方に気付かれ今はすごく後悔しています。
   今回が初めてですが、私は逮捕されるのでしょうか。」

A 「逮捕するかしないかは、警察官など捜査機関が決める事です。
   そのため、一概に逮捕されないとは言いきれません。
   逮捕の可能性を減らしたいのであれば、一度弁護士に相談することをお勧めします。」

Q2 「自分が行った盗撮行為を反省し、自首したいと思います。
    自首した際は必ず逮捕されるのでしょうか。」

A  「自首した場合に必ず逮捕されるということはありません。
    事情を聴取し、帰宅を許される場合もあります。
    愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、自首の際の付添いも行っていますので、弁護士とともに自首に行くことをお勧めします。」

Q3 「警察官から出頭要請がきました。
    おそらく、過去におこなった盗撮行為が理由だと思います。
    被害者の方に気付かれてしまったこともあったので、多分被害者の方が被害届を出したのでしょう。
    私は出頭要請を拒んでも良いのでしょうか。」

A  「出頭要請は、あくまで任意の要請であるため、法律上は出頭要請を拒むことができます。
    ですが、出頭要請を拒んでいると、証拠隠滅のおそれ・逃亡のおそれが疑われ逮捕されてしまう可能性が高くなります。
    ですので、出頭要請には応じておくのが得策です。
    ただ、仕事などでどうしても行けない場合はそれを伝え出頭日を変更してもらいましょう。」

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、刑事事件・少年事件のみを扱う法律事務所です。
刑事事件・少年事件に関するものであればどのような質問でもお答えします。
盗撮事件でお困りの方は、ぜひ一度初回無料相談をご利用下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.