岐阜県の盗撮事件で逮捕 即決裁判の弁護士

2015-03-30

岐阜県の盗撮事件で逮捕 即決裁判の弁護士

男性会社員Aさんは、パチンコ店盗撮事件を起こしたとして岐阜県警岐阜南警察署逮捕されました。
犯行を目撃していた客が通報し、事件が発覚しました。
Aさんが同店の女性店員のスカートの中にスマホを差し込んでいる姿は、防犯カメラにも映っていました。
(フィクションです)

~即決裁判とは・・・~

以前のブログ(2015年3月28日)では、不起訴処分が難しい場合、即決裁判による判決を目指すことがあることをご紹介しました。
そこで今回は、「即決裁判」というものについて、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

即決裁判とは、死刑又は無期若しくは短期1年以上の懲役若しくは禁錮にあたる事件以外の事件で事案が明白で軽微な場合に行うことができる裁判です。
この手続きによれば、通常の裁判よりも簡易な方法で裁判が進められますから、原則として即日判決が言い渡されることになります。
そして、もし懲役刑や禁錮刑が言い渡されることになっても、それには必ず執行猶予が付けられることになります。

そのため、裁判の長期化によって依頼者の精神的・肉体的・財産的負担が増加することを回避できます。
また、懲役刑や禁錮刑には、必ず執行猶予がつきますから、刑務所に入らなくて済むことも確実になります。
こうしたことから、有罪判決が避けられない場合でも、被告人の不利益を多少は少なくできると言えます。

愛知県内の盗撮事件では主に愛知県迷惑防止条例違反が問題となりますが、この場合も即決裁判を利用することが可能です。
つまり、愛知県で発生した盗撮事件でその事実に争いがないという場合には、即決裁判を利用することも一つの選択肢なのです。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
豊富な刑事弁護経験や知識に基づいて、即決裁判を含め、依頼者の利益が最大になるよう万全の弁護活動を展開します。
盗撮事件のことは、まず刑事事件専門の弁護士事務所に相談しましょう。
なお、岐阜県警岐阜南警察署に逮捕された場合、初回接見費用8万1040円で盗撮事件に強い弁護士を警察署に派遣します。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.