兵庫県尼崎市の駅内で現行犯逮捕

2019-03-20

兵庫県尼崎市の駅内で現行犯逮捕

~ケース~
Aさんは通勤中、兵庫県尼崎市内にある駅の階段を上る際、Aさんの前にいた女子高生Vのスカートの中をスマートフォンで盗撮してしまいました。
隣のサラリーマンに盗撮を目撃、通報され、Aさんは駆け付けた鉄道警察隊の警察官に兵庫県の迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕されてしまいました。
Aさんは兵庫県尼崎東警察署に引致され、取調べを受けています。
(フィクションです)

~盗撮の罪について解説~

兵庫県の迷惑防止条例第3条の2第1項第1号は「公共の場所又は公共の乗物」で「正当な理由がないのに、人の通常衣服で隠されている身体又は下着を撮影する目的で写真機、ビデオカメラその他これらに類する機器(以下「写真機等」という。)を設置する行為」をした者に、第3条の2第2項第1号は、「集会所、事業所、タクシーその他の不特定又は多数の者が利用するような場所(公共の場所を除く。)又は乗物(公共の乗物を除く。)」において「正当な理由がないのに、人の通常衣服で隠されている身体又は下着を写真機等を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機等を向ける行為」をした者に対し、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処すると定めています。
47都道府県すべてにおいて迷惑防止条例が制定されており、盗撮を行った都道府県により、適用される迷惑防止条例が異なります。

~現行犯逮捕されてしまった後の手続は?~

Aさんのように盗撮事件現行犯逮捕されてしまった場合、その後どういった手続きが取られるのでしょうか。

(警察段階)
警察官による取調べが行われますが、盗撮を行った場合、同種の余罪がないか厳しく問われることが多いです。
通常、盗撮に使用したスマートフォンは押収され、保存されている画像もチェックされます。
自宅にあるパソコンやハードディスクなども、捜索によって押収される可能性があります。

(検察段階)
警察は、Aさんの身体拘束を継続する必要があると判断した場合には、逮捕時から48時間以内に、検察官に身柄を送致します。
検察官は、Aさんに弁解の機会を与えた後、取調べを行い、Aさんを釈放するか、勾留を請求するか、あるいは起訴するかを決定します。

(勾留請求後)
逮捕だけでは、被疑者を72時間以上拘束することができません。
これを超えて身体拘束を継続する必要がある場合には、「勾留」を行う必要があります。
検察官は、裁判官に被疑者を勾留するよう求める権限を有し、これを行使することを「勾留請求」といいます。
勾留請求を受けた裁判官は勾留質問を通じ、被疑者を勾留するかどうかを判断します。
裁判官が勾留の要件を満たさないと判断した場合には、勾留請求は却下され、釈放されることになります。
一旦勾留されると、最長10日間、勾留延長されると、さらに最長10日間身体拘束を受けることになります。
検察官は、勾留の満期日までにAさんを起訴するか、あるいは不起訴にするか、または処分を保留して釈放するかを決めます。

~逮捕された人と弁護士の面会~

逮捕を伴う刑事事件では、なるべく早く弁護士を付けることにより、勾留されずに、あるいは起訴されずに事件を解決できる可能性を高めることができます。
Aさんが弁護士に依頼するにはどうすればよいのでしょうか。

(当番弁護士を呼ぶ)
逮捕されてしまった被疑者が、1回だけ無料で面会できる弁護士です。
Aさん本人でも、Aさんの家族でも当番弁護士を呼ぶことができます。
取調べの対応方法などについて助言を受けることができますが、身柄解放活動や被害者との示談交渉は別途依頼を行わなければできません。

(国選弁護人を選任する)
Aさんの資力が一定の基準額(50万円)未満であり、勾留決定が出されている時、Aさんの請求により裁判所が選ぶ弁護士です。
私選弁護人を選任する経済的余裕がない方に向けられた制度です。
弁護人として行うことができる活動は、私選弁護人と変わりませんが、被疑者自身で弁護士を選ぶことはできないので、弁護士と相性が合わない可能性があるというデメリットがあります。

(私選弁護人を選任する)
被疑者側で選任する弁護人です。
被疑者と相性の合う、あるいは、かねてから信頼している弁護士を弁護人として選ぶことができますが、報酬は被疑者側で負担しなければなりません。
私選弁護人はいつでも選任することができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、刑事事件に熟練した弁護士が多数在籍しており、盗撮事件の解決実績も豊富です。
盗撮事件でお困りの方は、是非、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
(お問い合わせは0120-631-881まで。兵庫県尼崎東警察署までの初回接見費用:37,000円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.