神戸市の盗撮事件で事情聴取 示談に強い弁護士

2016-10-18

神戸市の盗撮事件で事情聴取 示談に強い弁護士

Aは、甲子園球場内で野球を観戦していた女性Bのスカート内を盗撮したとして、兵庫県警甲子園警察署の警察官から事情聴取を受けました。
Aは警察官に対して、つい魔がさして盗撮してしまったと犯行を認めています。
Aは、被害者に被害弁償をして、示談をしたい旨を警察官に伝えると、警察官は弁護士に頼んだらどうかと言ったので、Aは刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです)

~盗撮をしてしまった場合の被害者との示談~

犯罪の多くは被害者が存在しますので、通常被疑者としては、被害者に謝罪・被害弁償をして示談を締結することで少しでも罪を軽くするという活動を行うことが多いです。
今回の事案の盗撮事件においても、盗撮をされた被害者が存在しますので、Aとしては、Bと示談交渉を行い、Bが示談に応じてくれれば、罪が軽くなる可能性が高くなります。
もっとも、この示談交渉は被害者の任意の意思に基づくものですので、被害者が示談をしたくないのであれば、示談を締結することはできません。
そして、一般的に性犯罪の被害者は加害者自身と交渉することを拒む傾向にあり、加害者自らが示談交渉をすることは難しいといえます。
そこで、第三者の立場である弁護士に被害者との示談交渉を依頼する方が少なくありません。

弁護士は法律のプロですので、被害者との示談交渉もスムーズに行えますし、示談を締結した後に、示談書などを捜査機関へ提出し、捜査機関とも交渉することで処分を軽くしてもらいやすくなります。
示談交渉をするタイミングについては、事件を早期に解決するためにもなるべく早期に行うことが望ましいです。
神戸市で盗撮事件を起こされた方は、示談に強いあいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
(兵庫県警甲子園警察署の初回接見費用:3万7500円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.