京都の盗撮事件で逮捕 前科に強い弁護士

2015-11-20

京都の盗撮事件で逮捕 前科に強い弁護士

Aは、盗撮事件の容疑者として、京都府警向日町警察署の警察官により通常逮捕されました。
Aは、前科がつくことをおそれており、面会に来た家族に弁護士に頼んでほしいと伝えました。
そこでAの家族は刑事事件に強いと定評のある弁護士事務所に相談に行きました。
(フィクションです)

~盗撮事件で前科を回避したい~

Aは前科がつくことを回避したいと考えています。
盗撮事件前科を回避する方法はいくつか考えられます。

・検察官に送致されないように働きかけること
・送致されたとしても、検察官に起訴されないように働きかけること
・検察官に起訴されたとしても、裁判で執行猶予を獲得できるよう働きかけること

時系列からして、Aとしてはまず、検察官に送致されないように警察に働きかけていくことが必要なります。
警察から検察に事件が送られずに事件の捜査を終了させることを「微罪処分」と言います。
Aとしては、まず「微罪処分」による盗撮事件の終結を目指すことになります。
しかし、上記の事例の場合、警察は被疑者を通常逮捕していますので、余程のことがない限りは、検察官に送致される可能性が高いです。
よって、前科を回避する方法としては、検察官に不起訴にしてもらうように働きかけることがメインとなってくると思われます。

なお、以上のような働きかけによる前科回避の可能性は、法律の専門家である弁護士に依頼することより高くなります。
なぜなら、当然の事でしょうが、弁護士の方が一般の方よりも的を射た効果的な働きかけをすることができるからです。
さらに、刑事事件を専門とする弁護士に依頼すれば、豊富な経験に裏打ちされた、さらに効果的な働きかけが期待できるでしょう。
名古屋の盗撮事件前科を回避されたい方は、刑事事件に強いあいち刑事事件総合法律事務所弁護士にご相談ください。
(京都府警向日町警察署の初回接見費用 3万9100円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.