京都市の盗撮事件で出頭要請 無料相談する刑事事件専門の弁護士

2016-12-29

京都市の盗撮事件で出頭要請 無料相談する刑事事件専門の弁護士

Aさんは、京都市のプール施設女子更衣室に、こっそりとカメラをしかけ、女性客が着替えているところを盗撮しました。
後日、カメラに気づいた客が警察に通報したことによって、Aさんは、盗撮の疑いで、京都府警中京警察署から話を聞かせてほしいと、出頭要請されました。
Aさんは、出頭後の取調べ対応や、その後の逮捕の可能性が不安で、刑事事件に強い弁護士無料相談を受けることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・更衣室の盗撮について

盗撮は、各都道府県の迷惑防止条例によって禁止されています。
撮影器具を手にもって自ら盗撮すること以外にも、更衣室やトイレなどにカメラ等を設置して、中の様子を盗撮することも禁じられている場合が多いです。
自分の手から離れていても、盗撮は盗撮ですから、迷惑防止条例違反となれば、もちろん刑罰が下る可能性があります。
盗撮は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金の刑罰が規定されているところが多いですが、中には1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の規定があるところもあります。
また、常習性が認められる場合、2年以下の懲役に処せられる可能性のあるところもあります。

・無料相談について

盗撮事件などで出頭要請を受け、取調べに行く際、取調べ対応はどのようにしたらいいのか、これからどうなってしまうのか、と不安に思われるでしょう。
そのような時こそ、刑事事件のプロである、弁護士に話を聞いてもらうことが、不安の解消につながる一歩となります。
刑事事件専門の弁護士であれば、盗撮事件などを専門として扱っているわけですから、相談者の不安や疑問にも、丁寧に答えることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、土日祝日でも無料相談を行っています。
盗撮事件でお悩みの方は、0120-631-881までご連絡ください。
専門のスタッフが24時間体制で無料相談のご予約を受け付けています。
刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士が、あなたの不安を解消すべく、初回無料相談で対応いたします。
(京都府警中京警察署までの初回接見費用:3万4800円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.