和歌山県の盗撮事件で逮捕 任意同行に詳しい弁護士

2016-12-25

和歌山県の盗撮事件で逮捕 任意同行に詳しい弁護士

Aさんは、友人が盗撮事件の容疑者として和歌山県警和歌山北警察署に任意同行を求められた際、それを拒否したため逮捕されたという話を聞きました。
以前ネットで見た情報では、「任意同行は拒否できる」という話だったのですが、実際にはそうでもないように感じられました。
(フィクションです)

~任意同行が行われる理由~

日本の捜査機関は、よく任意同行という手法を用いて刑事事件の被疑者を取り調べることがあります。
任意同行とは、被疑者に任意で捜査に同行してもらうことです。
「任意」という言葉から明らかなように、任意同行は、強制力を持ちませんから、応じたくなければ拒否することができます。
しかし、注意してください。
任意同行は、次のような目的で行われていることもあるからです。

まず逮捕前の準備段階として行われていることがあります。
任意同行で警察署まで被疑者を連れてきた後、そこで逮捕状に基づく逮捕を行うというケースです。
この場合、警察は任意同行している間に逮捕状を準備しているわけですから、仮に任意同行を拒否したとしても強制的に逮捕に踏み切られる可能性が高いです。
つまり、任意同行の拒否は、事実上無意味な行為ということになってしまいます。

次に被疑者に対する配慮から任意同行を行うケースがあります。
事件によっては、警察官が逮捕状を持って自宅や職場に来ることもあります。
しかし、そうした手法は、被疑者の名誉を傷つけることにつながりますし、ご家族などに対して与える精神的苦痛も大きくなってしまいます。
そこで、一先ず警察署までは任意同行の形をとり、その後逮捕という形をとります。

このように任意同行は、逮捕につながるケースも少なくありません。
任意同行は拒否できると言われることもありますが、それをうのみにしていると痛い目にあう可能性も否定できません。
盗撮事件などで任意同行を求められるケースでどう対応すべきか、まずは弁護士に相談してみましょう。
逮捕を回避したいという場合でも、弁護士がお力になります。
あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所です。
盗撮事件で弁護士をお探しの方は、ぜひ弊所までご相談ください。
(和歌山県警和歌山北警察署の初回接見費用:4万4400円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.