埼玉県長瀞町の盗撮事件 刑事事件に強い弁護士が示談で不起訴を目指す

2018-09-18

埼玉県長瀞町の盗撮事件 刑事事件に強い弁護士が示談で不起訴を目指す

会社員Aは、埼玉県長瀞町内の駅のエスカレーターで、女性のスカート内を、スマートフォンで盗撮しました。
目撃者に捕まったAは、通報で駆け付けた警察官に埼玉県秩父警察署に連行されて、埼玉県の迷惑防止条例違反の容疑で取調べを受けましたが、その後、刑事事件に強い弁護士が被害者と示談したことによって不起訴となりました。
※フィクションです。

~示談~

窃盗や詐欺事件などの財産犯事件や、暴行や傷害事件のような暴力事件、痴漢や強制わいせつ罪、強制性交等罪のような性犯罪事件など、被害者が存在する事件は、被害者等と示談することによって、刑事罰を免れたり(不起訴)、刑事罰が軽減される可能性が大きいといえます。
今回のケースのような、各都道府県の迷惑防止条例違反にあたる盗撮事件についても同様です。
本来、迷惑防止条例は公共の安全と秩序の維持を目的にしているもので、個人の性的嫌悪感や羞恥心を保護法益にしているものではありません。
しかし、示談は、実質的な被害者(盗撮された人)と交渉します。
そして、被害者との示談を締結することができれば、不起訴となる場合が多いです(再犯の場合は示談があっても刑事罰を受けることがありますし、事件の態様や悪質性、余罪の有無にもよります)。

~示談金の相場~

盗撮事件に強い弁護士のもとへの相談内容として、「盗撮事件の示談金の相場はいくらですか?」というものも多く見られます。
示談金に定まった金額はありません。
盗撮事件の示談金は、犯行形態や、被害者感情によって様々ですが、示談を締結することができるかどうかは、示談金の額だけに左右されるわけではありません。
盗撮事件の被害にあった女性や、その家族の方は、示談金の額よりも示談の内容を重視する方も多いので、盗撮事件示談を希望する方は、専門の弁護士に相談することをお勧めします。

埼玉県の盗撮事件でお困りの方、被害者と示談を希望される方、不起訴を希望される方は、盗撮事件に強いと評判の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
初回法律相談:無料
埼玉県秩父警察署までの初回接見費用:0120-631-881までお問い合わせください

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.