静岡の盗撮事件 勾留回避に強い弁護士

2015-01-03

静岡県の盗撮事件 勾留回避に強い弁護士

静岡県警磐田警察署は、磐田市のカラオケ店の女子トイレに盗撮目的で侵入した疑いで、同市のAを建造物侵入の疑いで逮捕しました。
同署によると、事件当時、Aは飲酒しており、「女子トイレに入った認識はないが、女性の声が聞こえたので盗撮した」などと容疑を一部否認しています。
(フィクションです。)

~すぐに勾留回避に強い弁護士に相談を~

勾留とは、逮捕に引き続き行われる身柄拘束のことをいいます。
勾留されるのは、(1)勾留の理由、(2)勾留の必要性、が認められる場合です。

(1)勾留の理由とは、少なくとも
①罪を犯したと疑うに足りる相当な理由があること、
②住居不定、罪証隠滅のおそれ、逃亡のおそれ
のいずれかひとつに該当することです。

(2)勾留の必要性とは、勾留することが相当であることをいいます。
具体的な事情のもとで、勾留が容疑者にとって著しく苛酷ないし不当な場合には、勾留の必要性が認められない場合もあります。

勾留されてしまった場合、逮捕による身柄拘束に引き続き、最長20日間身体拘束されるおそれがあります。
そして、この勾留期間内に、検察官が被疑者(容疑者)を起訴するか決めることとなります。

勾留を避けるためには、逮捕直後の適切な対応が大切になります。
盗撮事件・のぞき事件で警察に逮捕された場合には、まず刑事事件を専門に取り扱う弁護士と接見(面会)することが重要です。
弁護士と接見することができれば、自分の置かれている状況を正確に理解し、最善の方針を考えていくことも可能となります。

なお、逮捕直後は基本的に家族などでも面会が禁止されます。
逮捕されている本人は、この間留置場内で強い孤独感や不安を感じることでしょう。
この場合、弁護士でなければ接見(面会)することができません。
突然逮捕されたときに、何らの制限も受けず弁護士と面会できることは、逮捕されている本人にとって精神的にも大きな支えになるでしょう。
また、事件を認めている場合には、弁護士を通して被害者の方に謝罪の意思を示し、示談成立を目指すことも勾留回避にとって重要です。
勾留前に被害者の方と示談が成立したら、勾留されずに釈放される可能性もあります。

盗撮事件・のぞき事件で逮捕された場合には、逮捕後すぐに、刑事事件を専門に取り扱う愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.